MariaSQLを使ってみた

MariaSQLで知っていますか。これは、かの有名なMySQLプロジェクトからFORKされたRDBMSです。なんでも、MySQLよりも先進的なロジックが組み込まれており、MySQL側にもそれが取り込まれているとか・・・。MySQLとはAPIレベルで互換性があるため、とりあえず、開発環境のMySQLをリプレイスしてみました。

開発環境はdebianなのですが、公式サイトで導入までの説明がある、リポジトリを設定するだけで簡単にapt-getですんなりできました。しかもなんと、MySQLで作成されていたデータベースにそのまま接続でき、環境的には変わった感がしません。プロセスで表示される名称も一緒ですので、アプリケーション側での変更はいまのところありません。

phpmyadminからもそのまま接続できました。ただ、MySQLのバージョン欄にMariaSQLと表示されています。あ、ちゃんと入っていましたね。

ちなみに、MySQLのMyは「私」の単語的な意味ではなく、作者の娘さんから取ったようですね。今回のDBはMariaですので、MySQLの妹分になるのでしょうか。

しばらく使ってみたいと思います。